相思相愛○リータ

相思相愛○リータ

相思相愛○リータは漫画を読む程度の気楽さでプレイ出来るボイス付きノベル型ゲームで、JSぽい少女と自然に、Hな方向で仲良くなるストーリーが楽しめる夜のひつじの作品です。

相思相愛○リータの性的に少女に甘える画像

相思相愛○リータの主人公が、ヒロインの少女「まこ」に性的な意味で甘える画像をストーリーを交えつつ紹介していきます。

相思相愛○リータ

だめなおとなになってみる?

相思相愛○リータHシーンサンプル

【DMMコミック】同人:相思相愛○リータ PC

スカートたくし上げのJSちっくなノーパン少女というタイトル画面に、ちょっと暗い雰囲気のBGMが流れる。

その後、主人公のつぶやきが文字となって次々と出てくるのが、相思相愛○リータのオープニングである。

大人になり、自由が増えたが、逆に不自由さも嘆いているという、その心情はプレイヤーサイドからは耐え辛いものだ。

そんな空気を打破するかのように、彼の足下に少女が現れた。

いや、もう既にいたのかもしれない。

電車で少女を守ってみた結果

【DMMコミック】同人:相思相愛○リータ

真っ直ぐに男の顔を見上げる様子は、まるで子犬のような小動物的な可愛さである。

職場で徹夜し、一旦帰宅する途中の意識があるのかないのかわからない時に、おそらくこれから登校すると思われる少女と遭遇。

満員の通勤電車だけに、大きく揺れると人の波が押し寄せるので、小さな女の子には苦しい空間だと思われる。

大きな揺れが発生した時、彼の太ももに思わず少女が捕まった。

それを見た彼は、人の大波から足下の女の子を守ってやるという行動に出た。

ちょっと変な懐かれ方

【DMMコミック】相思相愛○リータ PC

しばらくそんな不思議な時を過ごすと、彼女は軽く微笑んだ・・・ように思えた。

恥ずかしさすら覚えてしまう、その優しい笑みを見た彼は、子供の頃を思い出す。

そんな妄想の中に現実から、異様に可愛らしい声が割り込んできた。

それは少女の「ありがとう」という声である事が発覚する。

彼がそれに応じると、女の子は満面の笑みを浮かべて「わたしね、ここでおりるの」と意思表示。

全てを受け止めてくれるまこ

【DMM】同人:相思相愛○リータ PC

その日は、ただこれだけのやりとりで少女と別れたが、その晩には全てを忘れるくらいに忙しい仕事となる。

そんな柄木という男は、地獄のような徹夜の仕事をこなし、朝、前日と同じように電車に乗り込んでいた。

すると、またあの少女が足下にいて、彼を見つめていたのだ。

この日も全く同じ形で彼女を守った柄木だったが、ある日、駅のホームで少女と再会する。

居眠りをしていた彼を傍で見守っていたまこと名乗った少女は、そのまま柄木の自室まで付いてきてしまう。

これが柄木とまことの相思相愛へ道の始まりだった。

相思相愛○リータをプレイした感想

相思相愛○リータは一応ゲームなのですが、プレイするというよりは、何というか小説でも読んでいる感覚に陥ります。

妙な印象があった導入部分が、それを余計に助長しているのでしょうね、

感想としては、ろりろりした可愛い女の子とリアルで自然に仲良くなる流れを、ゲームで体験出来たという感じです。

やたらファンタジックな相思相愛○リータという名前からは想像出来ない、現実世界の厳しさから始まるのが衝撃的でした。

徹夜上等な会社に勤めている主人公の柄木は、命を削りながら毎日を過ごしているわけですが、そこで心が澄み切った美少女と出会ってしまいます。

こんな羨ましい上にけしからん展開となるのが、相思相愛○リータの開幕です。

どこから見てもヤバさ炸裂状態の女の子と、少しずつ相思相愛になるのかなっと思っていたら、割とすぐに自宅へお持ち帰りしちゃいます。

と言うか、まこちゃんが勝手に付いてきてしまうので、とんでもない勢いで懐かれてますね。

良い子過ぎる少女と相思相愛に・・・

【DMMコミック】同人:相思相愛ロリータ PC

この相思相愛○リータのヒロインまこは、Hな事なんてわかりませんという感じの見た目ですが、意外と知識としては知る事は知っていました。

こういった点から、この少女の年齢的な所を妄想する事が可能なので、上級紳士達は、しっかりと楽しんでいそうですね。

とりあえずHシーンになるまでの柄木とまこのやりとりが、レベルが高い読者だったら萌えの宝庫だと思えるはず。

ろりろりした少女が、よくわからない事ではしゃぐ様子は、かなり素晴らしいと思います。

だからこそ、相思相愛○リータは、我こそはろりを極めし者と思いこんでいる人ほどプレイして欲しいですね。

このくらいの少女と相思相愛になるとは、こんな感じなのだろうと、勝手に妄想しまくってしまうと思われます。

間違えても、こんな美少女JSが電車に1人で乗り込んでいるなんて、絶対にあるはずがないとか考えてはいけません。

まあ、おそらく考えてしまう前に、幻想的だけどHなシーンに突入してしまうわけですが・・・。

相思相愛○リータ

まこのイケナイお誘い

【DMM】相思相愛○リータ