今夜、母と妊活します。弐

今夜、母と妊活します。弐

今夜、母と妊活します。弐は、簡単にまとめると村人立ち会いの場所で母親と公開セックスをするという、かなりとんでもない話が展開されるSAYA PRODUCTSの電子書籍です。

今夜、母と妊活します。弐の裏祝言画像

今夜、母と妊活します。弐の村を出るには母親とヤルという裏祝言の画像を漫画の解説付きで紹介していきます。

今夜、母と妊活します。弐

爆乳な母と子作り開始!

今夜、母と妊活します。弐【ヤバ過ぎる村のしきたり】

【DMMコミック】同人:「今夜、母と妊活します。・弐」SP/PC

本編のストーリー付きを読むと、最初に色々な意味で激しい表紙画像に目が行く。

そこには今夜、母と妊活します。弐の全てが集約された言葉と絵が集まっているのだ。

そして本格的に物語へと入り、舞台となるのは某地方にある村である。

一馬は、この日、志望校合格の通知を受け取った。

ここは山奥なので、普通の学校へ通う事が難しく、通信教育にて資格を取り受験したのだ。

母への種付けが村を出る条件

【DMMコミック】同人:「今夜、母と妊活します。・弐」

だが過疎化が進むこの村では、若者が進学、就職という理由で若者が出ていく事は、あまり歓迎されていない。

彼は村長から村を出て行くための儀式を、ある部屋で行う事を命じられた。

その内容とは、実の母を犯して妊娠させるという、常識では考えられない事であった。

これが今夜、母と妊活します。弐の基本的なストーリーである。

襖の向こうには、裏祝言の儀式を待つ母親が待っているのだ。

そして儀式は始まった

【DMMコミック】「今夜、母と妊活します。・弐」SP/PC

今夜、母と妊活します。弐のヒロインは、藍羽百合という39歳の美しすぎる熟女である。

巫女として村の神事を司る存在だけに、村では強い立場にいる女性なのだ。

一馬の母は、息子が村を出る事を反対する村長に裏祝言を申し出た。

当事者である一馬は、全ての事情を飲み込みながら、実は母に強い恋愛感情を抱いていたのだ。

それが彼の村を出る本当の理由というわけである。

注目される中で裏祝言が行われる

【DMMコミック】同人:今夜、母と妊活します。・弐

そして、裏祝言の事について母に尋ねると、いきなり一馬は母親にフェラをされて果ててしまった。

そう、この儀式は親子で子作りをするという事を彼女は実技で教えてくれたのだ。

こうして、子守の間、別名身籠りの間で待つ母の元へ、彼は種付けに行くのであった。

その部屋は壁という壁全てに翁の面があり、そこから一部始終を老人達が監視する形になっている。

部屋に敷かれた布団には、息子から見ても美しい熟女が白装束で寝ていた。

とても大きな子を持つ女性とは思えないレベルの母に、これから彼は妊活する事となる。

今夜、母と妊活します。弐の感想

今夜、母と妊活します。弐を読んだ最初の感想というか、第一印象は、ヤバい重すぎるぞ、この話は・・・でした。

とりあえず、他の人に読んでいる所を見られるのは危険過ぎるので、電子書籍化してくれていて良かったです。

そりゃ村の人達が見ている所で昏睡状態の母親に夜這い、そして子作りするとか正気の沙汰ではありませんよね。

今夜、母と妊活します。弐の序盤部分の舞台背景を解説している辺りでも、そのストーリーの重さは伝わってきます。

これはそのままアニメとかゲームにしても、全然問題無いくらいの奥深さを感じました。

とにかく翁面から声が出る仕様は、夜思いだしたらトイレに行けなくなる気がしますよ。

こういったホラー的な要素も今夜、母と妊活します。弐の大きな特徴と言えますね。

細かいストーリーですが、上手い事画面上にノベルが出てきて、文字サイズもちょうど良く読みやすく出来ていました。

しかも、気付いたら物語に入り込んでしまっているので、今夜、母と妊活します。弐が単純に不気味な話ではない事がわかります。

息子が村を出る前にヤル事w

【DMM】同人:「今夜、母と妊活します。・弐」

また無駄に背景画のレベルが高くて、まるで高い次元で作られているお化け屋敷にいるような錯覚すら覚えますね。

今夜、母と妊活します。弐で孕ませるお相手、藍羽百合さんは、爆乳の人妻というか、主人公の実の母。

これはタイトルからも理解出来ますが、村のしきたりが厳しすぎて、キャラ設定とかどうでもよくなってきます。

よくわかりませんが、この村は近親姦しまくりで血統を守っているとか何とかです。

だから今夜、母と妊活します。弐に出てくる村の人達は、近親者にしか欲情しなくなっているみたいですね。

だから一馬は母親に恋心を抱いていたのだという事が、途中で理解する事が出来ました。

母子のプレイなのに、やたら生々しい描写でエロさが際立っているエッチシーンだと個人的には思いました。

あと絵の見せ方とかセリフの入れ方も、それを助長している印象を受けます。

今夜、母と妊活します。弐を読み始めた最初からの疑問ですが、どうして儀式の最中、百合さんは意識がないんでしょうね。

なんて事を思っていると、観客みたいになっている村の爺さんが、しっかりと解説してくれてスッキリしました。

ぶっちゃけ、ここからが本番と言ってもおかしくない内容でした。

まさか、親子でのエッチが、ここまでスゴイものだったとは・・・

今夜、母と妊活します。弐

純血を守る儀式とは?

【DMM】同人コミック:「今夜、母と妊活します。・弐」